読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪を切りに行くのが面倒で

雑記とか趣味とか一般公開されてる自分のメモ帳みたいなものです。Twitter//@srRiLiyou

花粉症じゃないと思っていた

花粉症の時期になるとくしゃみをしている人が多くなる。そんな人達を見ていて大変そうだと毎年思っていたが、今日外に出てみると鼻がむず痒くてくしゃみが出る。

車通りの少ない下宿から実家に帰ってきた為排ガスに鼻がやられたのかもしれないが店でくしゃみが止まらないのは少し恥ずかしい。

実家に滞在するといっても3日しかいないのだが特にやる事もないので家でダラダラとしてfgoをやり続ける。バイトのない時の下宿と同じだ。

そろそろ髪を切りに行かなくてはとシャワーを浴びるたびに思う。三ヶ月か四ヶ月ほど髪を切りに行っていないので女性のボブカット並みに髪の量がある。そのせいか色々な人に太った? と聞かれるがおそらく日頃酒を飲み続けているのでその所為だ。

あまり良くない。大学を四年で卒業できないゴミがこんな事をしてていいわけがないのだが。

また何かを変えようと思ってあまり好きではなかった楽器を触り、曲を作ってみようなんて思ったりしたが才能もないので何も思いつかない。

無駄に所有年数だけ増えて技術は全く進歩しちゃいない。俺が行う事なんてみんなそんなもんだ。それがまた虚無感を誘う。

人と関わりのない世界に生まれたら、食べるものもなくてすぐに死んでしまうのかな。

あーくだらない。取り留めのない愚痴が増える。

くだらないなぁ、終わり。

ロングコート

僕は君の甘ったるい香水の匂いで気持ち悪くなった。そんな事をしなくてもいいじゃないかと僕は言うと君は煙草の臭いは嫌いだから、と笑う。違うじゃないかと僕は言いかけてやめる。彼女もわかってるはずだから。
彼女は短い髪を揺らして、萌黄色のロングコートを羽織って扉を開ける。彼女が汚れた体に香水を振り撒くのを見ていた僕はなんだから空が恋しくなって窓を開けた。高くて消えそうな空だった。
彼女は街に消えるだろう。綺麗な口紅と甘ったるい香水をつけて。僕はまだ外には出れないでいる。読みかけの本を閉じたままでいるんだ。くだらないな、と言えば彼女はまた笑うだろう。くだらないのは一体誰なんだろう? 個別で或る物は混ざりはしないからせめて寄り添うのだろうか。それをせせら嗤う僕は彼女の様に汚れているのかな。最後の煙草に火をつけて眠る様に息を吐く。彼女の嫌いな臭いだ。彼女の様に笑えたらいいのにな、ありえない事を考えてしまう。そのままでいる事はとても難しい、明日の僕は僕ではない。煙草は灰に。人は街に。僕たちはどこに? 低い天井が迫ってくる。
煙草を吸いきった僕は立ち上がる。逃げる様にも見える。せめて彼女の嫌いな煙草の臭いは残さない為に高い空が見える窓を開けたまま部屋から出た。彼女が戻るまで空が消えていない事を祈る。

すべて叫んだ

「あの、靴を、恵んでいただけないでしょうか」
座っていたみすぼらしい女が私にそういった。駅のプラットホームで11月にはおおよその人がしないであろう薄着で、この街のどこに行けばそんなにも汚れるのか薄桃色のワンピースは黒く汚れていた。所々破れた箇所がある。
浮浪者にしては若く、変に小綺麗だ。髪は乱れ、身体中は汚れていたが普段から身体を綺麗にしていない訳ではなさそうで転んだかの様な汚れ方だった。
「お金ならありますので」
人の少ない駅のプラットホームでシューズバックを持っているのは私だけだった。
女は横に置いてあった……これもまた汚れているのだが……ポーチから財布を取り出す。か細い手は所々切り傷と手首には痣が刻まれていた。
私はどうぞと言ってシューズバックを渡した。履けるかはわかりませんが、と付け足して。
恋人の持ち物であった中に入っている白い靴はくたびれてはいるが綺麗なものだ。なんという偶然なのだろう。私はなんだか写真を撮りたくなった。
女はガラスの箱を持つ様にシューズバックを受け取って音も立てずに中身を取り出して履いた。大事そうに一つ一つの所作を丁寧に行った。靴は少し大きい様だった。
「人はどうして靴を履くのでしょう? 」
女は靴を履いた後顔を上げて私に尋ねた。私は傷だらけの女の足から視線を上げて女の顔を見た。乱れた髪は長く表情はあまり見えない。
その疑問に答える為、どうしてなのだろうと考えてみる。靴を履くことはあまりに自然なことすぎて人はどうして靴を履くのだろうなどと考えたことはなかった。人と獣の違いはそこにあるのかもしれないなとぼんやりと思い至った。
私は人であるからではないでしょうかと答えた。女が口を開く。
「変な事を聞いてしまいましたね。 でもその答えはなんだか私は心地が良いです。 ああ、ここまで靴を履かずに歩いた私は獣だったのですね」
女は笑う。怨讐の張り付いた醜い顔が見えた気がした。
「何も言わないのですね」
私は口を噤んだ。私の言葉には重さはない様に感じたからだ。
プラットホームには電車が到着するアナウンスが流れる。吹き抜ける風は刃物の様。私は女に恋人を幻視した。
女は立ち上がり2番線へ歩いていく。ホームの端に至ると振り返り、女は私を見た。やはり笑っていた。
女はベットに身体を預ける様に線路に倒れた。電車が来る。けたたましい音を立て電車はホームで待つ人々を迎えに来る。人の世界に獣はいらないのだ。
鈍器を振り下ろした音がする。女性の叫び声が聞こえる。私は女の立っていた場所に向かいホームを見下ろす。女の足は残っていて白い靴は汚れてはいなかった。その光景に恋人の姿を見た。朝日を優しく遮るカーテンから溢れる光を受けて白く輝いて眠る恋人の姿を。女があまりに生きている様に見えたからか、恋人の眠る姿があまりに死んでいる様に見えたからか。
私は早く帰りたくなった。恋人に会わなくては。電車は止まっている。

hallo kitty

自分しか見る事が出来ないメモ帳に書いても意味もないのでブログを開設した。

留年するし何か普段と違う事を小さな事からと思い、こんな事を始めている。

今年23歳になるがまだも大学三年、彼女もなし、趣味に始めようと思ったオーディオインターフェースもパソコンが置いてある机でスピーカーへの電源供給機になっている。何も手をつかないのでバイトを入れて紛らわせている。どこにいても居づらくて仕方がない。留年するのは自分の頭脳が悪いだけであって他の人間は悪くはないのだがどうしても妬んでしまう。自分の所為なのに。

浪人して留年して同級生の一つ年下の奴らが就活を始めて、同級生だと思っていた同い年の奴らは社会に出る。俺はスタートを躓いている。モラトリアムはまだまだ続く。

浪人をして第一希望出ないにしろ大学に入り、学力とやる気が付いて行かず今の状況。くだらない。くだらない。

北陸なんていう天気の悪い場所に行って、元から暗い性格だったのが更に暗くなった気がする。これもまた俺は場所の所為にしている。

これから一年間どうなるのか、おそらく何も変わらないと思う。出来るだけこの落書き帳だけは続けようと思う。