髪を切りに行くのが面倒で

雑記とか趣味とか一般公開されてる自分のメモ帳みたいなものです。Twitter//@srRiLiyou

雑考

大きな声で笑う人たちが嫌いです。とても下品に威圧しているみたいで心がざわつきます。私は小心者ですので大きな音に驚いてしまって身動きが取れなくなってしまいます。私はヘッドホンをつけて街を歩きます。突然の大きな笑い声も、私を笑う小さな悪口も、何もかもが聞こえなくなるからです。とても安心します。母親の胎の中とはこういう感じなのでしょうか。母親は私を気にかけている気がします。多分気にかけているのだと思うのですが私は否定されている気がしてなりません。私には価値はないのだろうか、などと考えてしまうのです。なので私は母親の胎の中に還ることしました。5cmほどの壁を当てて音を流すだけで外界のすべてがシャットアウトされて気持ちよくすらなってしまいます。どうして私は生まれてきてしまったのでしょう? 意味は特にない気がします。有限であるリソースを食い潰すだけの私は価値がありません。必要とされた事は無いのですからこれからも無いのでしょう。
こんな事を考えながら私は母の胎の中に入ったまま街をいきます。街には色々な人がいます。せかせかと革靴を鳴らして歩く人、この世の終わりを待って空を見ている人、笑いながら電車に飛び込む人、地面に落ちる希望を探しながら歩く人。様々な人がいます。私は気分が悪くなって道端に吐瀉物を撒きます。こんなことなら人なんて存在しなければいいのに。いや、一人一人誰とも関わらないで生きていける場所に逃げ込めばいいのです。くだらないね、と煙草を喫む彼は言います。私は今日も彼に身体を許します。どうしてもヘッドホンを外してしまうのでとても不安にはなるのですが人肌に触れることによって子宮の中を感じる事ができるのでトントンです。彼はまた煙草を喫んでからくたびれたジャケットを羽織って何処かに行ってしまいました。
暖かい海に溺れていなくなりたい。こんなことを考えながら時計を見続けます。私と時計の対角線に昔彼がいたずらで作った首を絞める縄がありました。その穴から覗く景色は小学生の頃理科の実験で使ったルーペで覗いた景色の様です。私は彼の真似事で煙草に火をつけてみましたが甘ったるい臭いが合わなくてすぐに消しました。
また私はヘッドホンをつけて街に出ます。どうせ死ぬ勇気も無いのだからせめて死んだ様にふらついていようと思った日でした。

家に帰らず帰省する飯

3日目。脛をしゃぶり酒を食らう。

やる事と言えば老衰した犬の散歩に行くぐらい。あとは飯作るぐらいか。

流行りのドラマがリビングで流れている。

それを見ながらビールを飲んでいる。

明日の朝には北陸に戻るんだが現実感がない。

二週間後には二度目の三年生が始まる。それまでに何かのキリをつけなければいけない。

酩酊しかけている頭ではまともな事は考えれないが日々は待ってくれない。

これから来る一年間に備えて唇を噛み締めながら二年間を無駄にしたと懺悔して日々を過ごさなければならない。

こうやって文章を書いているときはまともな事を書こうと努めるが何もしていない時はただただ眠って時間をやり過ごしている。

なんとかしなければならないな、なんともする事はできないが。

上を見れば様々な方法で崖を登って行く人々。下を見ても地面。底に落ちて死んでしまえたらどんなに良いだろうと思うけれどここにいる僕には底に落ちる資格もない。
僕には人が登って行く崖が砂の壁にしか見えない。捕まる場所などどこにもない。登り切る人は努力ある人。登り続ける人々は勇気ある人。どちらも無い僕には登る資格は無い。少しだけ登って落ちて死んでしまおうなんて甘い考えは受け入れてもらえない。
僕は登る人登りきった人たちが太陽に見える。光源を持つ彼らはどんどん上に登っていった。彼らが登っていくたびに光源を持たない僕の周りは暗くなって、今ではもう崖が何処にあるのかもわからなくなった。
崖があるのかわからなくなったのが不安で少し歩いて手を伸ばしてみるも何にも触れない。もう崖は無くなってしまったんだろう。僕はこの底で無いものにされている。しかし自分が自分を認識しているものだから消えてなくなる事を容認してもらえない。ただ一つ確かな事は僕はまだ立っているという事だ。僕だけが底にいる。底が残っている事に惨めさを忘れない様にとの配慮を感じる。
時々鈍い音がする。勇気ある人が手を滑らした、または力尽きてしまって底に落ちてくるのだ。僕はこの存在を分けてあげたい、いや全て渡したいとすら思うのだけれど、それは崖に挑み続けてきた人への冒涜になってしまう。僕なんかの存在を押しつけられたところで勇気ある人々が汚れてしまうだけなんだ。
結局の所、僕は自己犠牲の様に今話した事を謳っていたが自分の存在を他人に押し付けて放棄して死んでしまいたいだけなんだ。何処までいっても卑怯者。卑怯者は和を汚す。卑怯者は楽にはしない。この暗い底で永久に暗澹としているしかないのだろう。
あの時勇気を持てば。なんて考えてももう遅い。蜘蛛の糸は垂れてこない。だって僕の事を認識しているのは僕しかいないようだから。永遠と惨めであれという罰を受け続けるんだ。いや、罰ですらないのかもしれない。罰すら与えてもらえない僕なのだ。

花粉症じゃないと思っていた

花粉症の時期になるとくしゃみをしている人が多くなる。そんな人達を見ていて大変そうだと毎年思っていたが、今日外に出てみると鼻がむず痒くてくしゃみが出る。

車通りの少ない下宿から実家に帰ってきた為排ガスに鼻がやられたのかもしれないが店でくしゃみが止まらないのは少し恥ずかしい。

実家に滞在するといっても3日しかいないのだが特にやる事もないので家でダラダラとしてfgoをやり続ける。バイトのない時の下宿と同じだ。

そろそろ髪を切りに行かなくてはとシャワーを浴びるたびに思う。三ヶ月か四ヶ月ほど髪を切りに行っていないので女性のボブカット並みに髪の量がある。そのせいか色々な人に太った? と聞かれるがおそらく日頃酒を飲み続けているのでその所為だ。

あまり良くない。大学を四年で卒業できないゴミがこんな事をしてていいわけがないのだが。

また何かを変えようと思ってあまり好きではなかった楽器を触り、曲を作ってみようなんて思ったりしたが才能もないので何も思いつかない。

無駄に所有年数だけ増えて技術は全く進歩しちゃいない。俺が行う事なんてみんなそんなもんだ。それがまた虚無感を誘う。

人と関わりのない世界に生まれたら、食べるものもなくてすぐに死んでしまうのかな。

あーくだらない。取り留めのない愚痴が増える。

くだらないなぁ、終わり。

ロングコート

僕は君の甘ったるい香水の匂いで気持ち悪くなった。そんな事をしなくてもいいじゃないかと僕は言うと君は煙草の臭いは嫌いだから、と笑う。違うじゃないかと僕は言いかけてやめる。彼女もわかってるはずだから。
彼女は短い髪を揺らして、萌黄色のロングコートを羽織って扉を開ける。彼女が汚れた体に香水を振り撒くのを見ていた僕はなんだから空が恋しくなって窓を開けた。高くて消えそうな空だった。
彼女は街に消えるだろう。綺麗な口紅と甘ったるい香水をつけて。僕はまだ外には出れないでいる。読みかけの本を閉じたままでいるんだ。くだらないな、と言えば彼女はまた笑うだろう。くだらないのは一体誰なんだろう? 個別で或る物は混ざりはしないからせめて寄り添うのだろうか。それをせせら嗤う僕は彼女の様に汚れているのかな。最後の煙草に火をつけて眠る様に息を吐く。彼女の嫌いな臭いだ。彼女の様に笑えたらいいのにな、ありえない事を考えてしまう。そのままでいる事はとても難しい、明日の僕は僕ではない。煙草は灰に。人は街に。僕たちはどこに? 低い天井が迫ってくる。
煙草を吸いきった僕は立ち上がる。逃げる様にも見える。せめて彼女の嫌いな煙草の臭いは残さない為に高い空が見える窓を開けたまま部屋から出た。彼女が戻るまで空が消えていない事を祈る。

すべて叫んだ

「あの、靴を、恵んでいただけないでしょうか」
座っていたみすぼらしい女が私にそういった。駅のプラットホームで11月にはおおよその人がしないであろう薄着で、この街のどこに行けばそんなにも汚れるのか薄桃色のワンピースは黒く汚れていた。所々破れた箇所がある。
浮浪者にしては若く、変に小綺麗だ。髪は乱れ、身体中は汚れていたが普段から身体を綺麗にしていない訳ではなさそうで転んだかの様な汚れ方だった。
「お金ならありますので」
人の少ない駅のプラットホームでシューズバックを持っているのは私だけだった。
女は横に置いてあった……これもまた汚れているのだが……ポーチから財布を取り出す。か細い手は所々切り傷と手首には痣が刻まれていた。
私はどうぞと言ってシューズバックを渡した。履けるかはわかりませんが、と付け足して。
恋人の持ち物であった中に入っている白い靴はくたびれてはいるが綺麗なものだ。なんという偶然なのだろう。私はなんだか写真を撮りたくなった。
女はガラスの箱を持つ様にシューズバックを受け取って音も立てずに中身を取り出して履いた。大事そうに一つ一つの所作を丁寧に行った。靴は少し大きい様だった。
「人はどうして靴を履くのでしょう? 」
女は靴を履いた後顔を上げて私に尋ねた。私は傷だらけの女の足から視線を上げて女の顔を見た。乱れた髪は長く表情はあまり見えない。
その疑問に答える為、どうしてなのだろうと考えてみる。靴を履くことはあまりに自然なことすぎて人はどうして靴を履くのだろうなどと考えたことはなかった。人と獣の違いはそこにあるのかもしれないなとぼんやりと思い至った。
私は人であるからではないでしょうかと答えた。女が口を開く。
「変な事を聞いてしまいましたね。 でもその答えはなんだか私は心地が良いです。 ああ、ここまで靴を履かずに歩いた私は獣だったのですね」
女は笑う。怨讐の張り付いた醜い顔が見えた気がした。
「何も言わないのですね」
私は口を噤んだ。私の言葉には重さはない様に感じたからだ。
プラットホームには電車が到着するアナウンスが流れる。吹き抜ける風は刃物の様。私は女に恋人を幻視した。
女は立ち上がり2番線へ歩いていく。ホームの端に至ると振り返り、女は私を見た。やはり笑っていた。
女はベットに身体を預ける様に線路に倒れた。電車が来る。けたたましい音を立て電車はホームで待つ人々を迎えに来る。人の世界に獣はいらないのだ。
鈍器を振り下ろした音がする。女性の叫び声が聞こえる。私は女の立っていた場所に向かいホームを見下ろす。女の足は残っていて白い靴は汚れてはいなかった。その光景に恋人の姿を見た。朝日を優しく遮るカーテンから溢れる光を受けて白く輝いて眠る恋人の姿を。女があまりに生きている様に見えたからか、恋人の眠る姿があまりに死んでいる様に見えたからか。
私は早く帰りたくなった。恋人に会わなくては。電車は止まっている。

hallo kitty

自分しか見る事が出来ないメモ帳に書いても意味もないのでブログを開設した。

留年するし何か普段と違う事を小さな事からと思い、こんな事を始めている。

今年23歳になるがまだも大学三年、彼女もなし、趣味に始めようと思ったオーディオインターフェースもパソコンが置いてある机でスピーカーへの電源供給機になっている。何も手をつかないのでバイトを入れて紛らわせている。どこにいても居づらくて仕方がない。留年するのは自分の頭脳が悪いだけであって他の人間は悪くはないのだがどうしても妬んでしまう。自分の所為なのに。

浪人して留年して同級生の一つ年下の奴らが就活を始めて、同級生だと思っていた同い年の奴らは社会に出る。俺はスタートを躓いている。モラトリアムはまだまだ続く。

浪人をして第一希望出ないにしろ大学に入り、学力とやる気が付いて行かず今の状況。くだらない。くだらない。

北陸なんていう天気の悪い場所に行って、元から暗い性格だったのが更に暗くなった気がする。これもまた俺は場所の所為にしている。

これから一年間どうなるのか、おそらく何も変わらないと思う。出来るだけこの落書き帳だけは続けようと思う。