読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪を切りに行くのが面倒で

雑記とか趣味とか一般公開されてる自分のメモ帳みたいなものです。Twitter//@srRiLiyou

二本の煙

今、自分の部屋には日本の煙が立っている。吸いかけの煙草と甘ったるいお香。ゴミ溜めと化した部屋の匂いを誤魔化す甘ったるい香り。それを台無しにする煙草。

相変わらず部屋の掃除は出来ず、バイト先のくさい匂いとゴミの匂いが少しでもマシになればと買ったお香はもうそろそろ尽きようとしている。

ファッションに一片の興味を持たない自分はお香の知識など全くなく、量販店に並んでいるお香の中で「落ち着く香り」と書いてあった物を手に手に取った次第。荒んだ心が思い込みでもいいから少しでも静かになればいいなと思って買った。効果はどうかわからないが、小学生の時盆と正月に祖父の家にいた時の匂いがする。その頃を思い出すので落ち着いた気持ちに少しでもなっているのかもしれない。

四月が始まり二週間がたった。高校の同級生は社会に馴染もうと必死でいる。負けたりもしている。大学の同級生は社会の輪に入ろうと必死でいる。負けたりもしている。自分は落としてしまった何かの変わりに何かを掴もうとしている。負けている。

最近は自分と同じ年のバンドを聞いている。彼らは二十代に入る前か入った時には自分の成し遂げたい事を明確にして今を生きているらしい。インターネットの記事でしか知らない事だが。

そんな彼らはとてもいい歌を歌う。自分は一体何をしていたんだと考えてしまう。彼らには才能があるからと言い訳をしてしまう。才能もあるだろうが努力の成果であるのに。自分を棚に上げてしまうのだ、悪い癖だ。

もっと楽に生きなよと携帯の液晶の一文が言う。人から見たら自分の生活は楽に生きているのだろうが自分はどうしようもなく駄目な人間なので楽に感じでいない。

誰かに助けてほしいと思ってしまう。

自分は今の現状に納得いっていないのだと思う。自分で招いた事態であるのに。

決断力と夢がなかった自分は流されるままここまで来ている。これもまた言い訳かも。

それでも、それでも自分はここに居ることが最良だったのかと考えてしまう。もう少し強固な感情があればと思ってしまう。後ろ向きな性格でいるから考えてしまうんだ。この選択は間違っているんじゃないかと。

戦う人へと同世代のミュージシャンは歌う。俺には聴く権利はあるのだろうか?

権利はなくても聴かせてくれ、とてもいい曲なんだ。明日もまた目覚める為に。

www.youtube.com

またあの夢の終わり

君も僕も疲れて

この街にいるなら

いつもの坂の上で待ち合わせしよう